山口県光市の母子殺害事件の判決がでた。
当然といえば当然の判決がでて、ほっとしたというのが素直な気持ち。



遺族を亡くした本村さんは、判決で疑問がすべて解消された。と話す。



極刑の判決について、記者から本音をうかがうような繰り返しの質問があったが、
死刑がよいとか、悪いとかの問題ではなく、
重大な犯罪を犯した場合には、このような結果になることを社会に示すことが何よりも大事なことである。ことを強調していた。



もちろん、言葉にできないような恨みを持って、その結果を歓迎したい気持ちがあることには相違ないだろう。
しかし、その結果だけで、かけがえない命が失われたことを意味付けするわけにはいかないという信念を強く感じた。



被告人からの手紙は生涯開封することはないという。



今回の判決は、過去の判例を超え、個別の判断を下したという点において意味がある。



この結果が、彼の望むように犯罪の抑止力になるかどうかは正直わからないが、
未成年者だから、どうのこうの、という世の中ではなくなってきていることは間違いない。