最近色々なことを怠けていたことに気づく。
その結果、『感性を磨く』モードになっていなかったことを猛省している。



猛省1:ブログを怠けていた
猛省2:攻めのアクションが無くなっていた
猛省3:プラスのエネルギーが欠けていた



1について
なんだか気乗りしないことを「言い訳」にして、『自省の場(=ブログ)』から遠ざかっていた。
書くことなんか、そこらじゅうに幾らでもあるのに、見えていなかった。
足元を見つめるために、私にとって重要な場所なのだ。



2について
なにかにつけて、『待ち』の体勢に入っていた。それにより行動が遅れ、思うように事が進まなくなってきていた。

自らの意思で動くアクションなくして前進はない。

チャンスは自分で掴むのだ。



しばらくそのような気概を忘れていたことが恥ずかしい。
やろうと思えば、何だってできるのに、やろうとしなかったことが情けない!



3について
結果として、そんな状態に陥り、「本来余りあるはず」のエネルギーが出ていなかった。
その悪影響として、自分のみならず周囲にも影響を与えたことだろう。

エネルギーは出すと思えば出るものである。

出ないと思うから出ていないのだ。


これって、単純な思い込みの法則。そのくらい、自らの思い込みが強いことに気づく。
矢印を上に向ける思い込みを強化していこう。(慎重さを保ちながら。だが)



さて、3つの猛省を経て、ここから発進(発信)再開だ。
ここで3つの目標を立てる。



①来年3月までの経営目標を達成する。
②ブログを週5書く
③新しいチャレンジをどんどん行う。


①について
2つある会社のそれぞれの目標を達成するために、全力を尽くす。
経営目標達成への意識を明確に持つ。



②について
もちろん毎日書くが、週5位が現実値だろう。
色々なことにフラグを立て、『感性を磨く』努力をする



③について
メルマガの発刊、新サービスの提供、新コンテンツの開発など、
いまやりたいことは沢山ある。
優先順位を決め、がんがん試していきたい。



2008年も残り3ヶ月を切っている。
やれるだけのことをやって、2009年を迎えたい。