最近、色々なことが立て続けに起きる。

傾向としては、前向き、建設的な事柄が多い。



素直に、それはとてもよいことだと歓迎したい。


しかし、私の心境として、これまでとはかなり違うような気がしている。



それは、色々なことがあったとしても



あまり動揺しなくなったことだ。



嬉しいことがあれば、舞い上がり。



そうでないことがあれば、がっかりする。



身の回りに起きることに対して、一喜一憂するような感がこれまでとてもあったが



いまは、どんな内容にせよ



しっかりと見て、冷静に受け止めるようになった



もしくは強く心がけている。



感情が硬直しているのともまた違う。



感情は密かに、確実に上下しているのだが、



それ(感情の上下)を、冷静にモニタリングしつつ、自覚できているような



そんな自分の成長を感じる。



そうなると



一つの良いことや、一つの悪いことに、フォーカスされず



いまやるべきことや、進むべき方向を確かめながら



落ち着いて現実を受け止められるようになる。



そういうことなのかもしれない。



考えてみれば



確かに、今現在、良いことばかりでもない。



不安な状況や、課題などは沢山あるが



確かに前を向いている感覚と、雑念に惑わされない気持ちがあることによって



いま必要な思考や感情に集中することができ



パフォーマンスを発揮することができる。



いまのこの心境、心の状態を、大切にしたい。



そして

ここからまた先をめざして心の研鑽をつづけていこう。