本日、一つのヤマを越えた。
極めて困難で、かつ普段と違う頭脳を使うタスクだった。
本来であれば、3日前位に修了しておかなければならなかったものだが、
やり終えたのはつい先ほど。



ほっと。一息つく暇もなく、
待たせてある次のタスクに仕掛かる。



突破は、充実感を感じさせるのはつかの間で、すぐ次の目標を見せ始める。
私に油断させまいと、また大きな課題をつきつける。



さあ。次の挑戦を仕掛けよう。



そして、
私を待っている人がいるということは、本当に嬉しいことだ。