本日めでたく?NLPのプラクティショナー資格を獲得した。

10日間、短くも楽しい経験をすることができた。



とても充実していた。

新しい、未知の体験を重ねることができた。

人の心に沢山触れることができた。

人に思いを伝えることの重要性を理解できた。

そしてかなり人が好きになった。



今回の10日間で、明確になったことがある。

私は「何のためにNLPを学ぶのか」ということである。

その目的は一つ。



自分を知るためである。



NLPは、セラピーであるがゆえ、他者に対して働きかけるために設計されている。

その効果も充分理解できた。

しかし、誰かのために、が先行してはいけないと途中から感じ始めた。

ましてや、○○円のために、という目的も、ちょっと違和感を感じた。



私は、まず自分のために、自分を理解するために、この素晴らしいスキルを身につけたいということを確認した。

自分を理解した結果として、他者に対して何らかの影響力を施すことができる。のである。



これは、私のニューロロジカルレベル、信念と価値感と一貫性を保持している。

信念と価値感に照らしたとき、NLPは自分を知るためのスキル(能力そして行動)として、自分には必要なのだ。

だから、もっと学びたい。

もっと人と触れながら、自分の糧としていきたい。



プラクティショナーの資格を得た本日、次ステップ(マスター)への意思固めができた。

早くも参加に胸躍る。