「研修講師・人材マネジメントのためのNLP18日間コース」の14日目

気のせいだろうか、受講者の皆さんの顔つきが変わってきたように見える。

自分のアウトカムに近づいてきているからか?

マスター・プラクティショナーとしての意識変化か?

ここまでの積み重ねか?

受講者同士も、お互いの変化を口に出す頻度が高まっている。

あの人が、このように・・のように、他者の変化がとても気になる。

そして、自分はどうか。と考えている。

人は他者を通して、自分を認識・理解する

コースもここまでくると、「変化」という言葉が、かなり重要なキーワードになってくるようだ。

このコースのアウトカムは

「NLPを通して、私の足元をみつめ、私のビジネスのヒントをつかみ、私のアクションを変革する」

全ての参加者が、このアウトカムにコミットし

それぞれのビジネスや人生の文脈の中で、

NLPという人間科学の一分野を通して

自分の足元をみつめ

自分に必要なものを手に入れるという、動的なプロセスを体験し続けている。

常に問いを持ち、実行しながら、そしてふりかえる。

ビジネスの現場で活躍する人達

ただでさえ忙しい日々を送っていることだと思うが

このような、大きなイベントに対して、自己投資しようという。

参加いただいている全ての方々に、感服せずにはいられない。

 

 

さて、14日目は

知覚のフィルターである、「メタ・プログラム」を扱った。

NLPがなぜ「地図は土地そのものではない」をメタファーとして繰り返しつかうのか

NLPが何にフォーカスしているのか

なぜコミュニケーション・ギャップが生じるのか

なぜ、個性が存在するのか など

そんなことに、このテーマは接近させてくれる。

 

 

マスターコースの大きな目的は

「五感を磨く」→「五感に働きかける」

というシフトを行うこと。

正確には、自らの五感を磨くことをさらに洗練させながら、

自他への感覚的な働きかけを、学んでいく。

 

 

アウトプットとして「響かせるプレゼン」を、丁寧に、繰り返し行っている。

情報伝達ではなく、相手の五感を響かせるプレゼンテーションをいかに行うか?

このような、難易度の高い課題に、皆さんとても真剣にとりくんでくれている。

 

このコースもあと4回。

自分の限界を決めずに、チャレンジを続けて欲しい。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 Bnr_nlp

   ■限定15席(まだ残席あります)■


『研修講師・人材マネジメントのためのNLP18日間コース』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

 日時  2011年2月~ 18日間
 場所  幕張・クロスウェーブ幕張
 参加費 420,000円 [第2期価格]
 定員  15名程度
 講師  最上雄太
 主催  株式会社イデアス
  

 ▼詳細・お申し込み
 当セミナー詳細のご案内・受付は以下からどうぞ 

 ⇒ http://www.ideass.jp/nlp_course/


 ▼当セミナーのお問い合わせ
 ⇒ https://www.ideass.jp/contact/