Chapter16, Integrative Models and Future Directions

Yukl, G. A. (2011). Leadership in Organizations (eighth edi., p. 404). PEARSON.

サーベイ研究(survey studies)での、量的データの分析に適合する方法は、リーダーシッププロセスのセオリーや、不定の測定レベルに基づくものである。

データ分析のレベルは、そのレベルにおける測定法や、理論が求めているつながりに応じるものであるべきである。

→Rouseesau, D. M. (1985). Issues of level in organizational research: Multi-level and cross-level perspectives. Research in organizational behavior, 7, 1–38.

+++「そのレベルにおける測定法」や、「理論(マルチレベル?)が求めているつながり」?「適合(appropriate)する」?

適合した分析のレベルが用いられない場合、その調査は誤解を導くであろう。

その分析は、交差レベルの影響(Cross-level effects)を含むマルチレベル理論においては、さらに複雑である。

→Bliese, P. D., Halverson, R. R., & Schriesheim, C. A. (2002). Benchmarking multilevel methods in leadership The articles , the model , and the data set, 13, 3–14.

+++分析は、どのように行われてきた?どのように複雑?

多くの初期のリーダーシップ理論は、可変的なレベルの概念化(the level of conceptualization)について曖昧であり、多くの実証研究は,レベルの概念化について不適合であった。

→Yammarino, F. J., Dionne, S. D., Uk Chun, J., & Dansereau, F. (2005). Leadership and levels of analysis: A state-of-the-science review. The Leadership Quarterly, 16(6), 879–919.

+++レベルの概念化(the level of conceptualization)?