過去を受けいれる-セルフコンセプト

ふりかえりで仕事を面白くする(1)

ありのままの過去を受けいれる

ありのままの過去を受けいれる

過去の捉えかたが変われば、現在の捉えかたも変わります。例えば、現在のあなたが面白くない、辛い、やめたい、逃げ出したい、成果が出ないと思える状況にあるとします。その時に「過去にも似たようなことがあったな。でも、あの出来事は自分にとって大きな意味を持っていた。だったら、いま直面していることも、未来の自分のリソースになるはず」と視点を変えてみることで、現在の『モノの捉えかた』にも肯定的な変化が生み出せるのです。

また、ありのままの過去を受け容れることは、現在の自分を認めることにもつながります。研修に参加された方の感想から、特に印象的だったものをご紹介します。

「過去をふりかえることで、『あの時は本当にがんばったね』と、初めて自分をほめてあげたいような感覚になった。自分でもびっくりしたけれど、何とも言えないほど気持ちよい感覚でした」

現在の『モノの捉えかた』を決めているのは、過去の延長線上にいる現在の自分です。現在の自分を支えるリソースは、必ず自分の中(過去の出来事)に隠されています。それは、「ふりかえる」という創造的かつ生産的な行為で導き出されるのです。

 

お問い合わせ

株式会社イデアス

〒104-0061

中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル5F

TEL:03-6215-8624

  • お問い合わせ