アウトカム思考とは-セルフコンセプト

アウトカム思考(1)

アウトカム思考とは

アウトカム思考

明確な未来(ゴール)を明らかにし、それを起点に現在へと遡っていく思考法を「アウトカム思考」と呼びます。

例えば、現在を起点にして、未来に向かって計画を積み上げながら目標を定めていく従来通りの目標設定では、「何のためにこの仕事をするのか」「この仕事が会社(組織・チーム)の何につながるのか」といった最終的な目標が不明瞭なまま進められるケースが少なくありません。そんな状態では、自分だけでなくそれに関わる人たちのモチベーションを維持し続けるのも難しいでしょう。

一方のアウトカム思考は、思考を硬直させてしまう現在のしがらみや「どうせうまくいかない」といった先入観を取り払うため、現状はひとまず考えの脇に置き、「自分(あるいは組織・チーム)の未来はどうありたいのか、どのようなゴールが望ましいのか」といったアウトカムを明確にします。その後、アウトカムを実現するために必要となる行動、加える必要があるリソースを検討し、それらを積み重ねていく、というものです。

起点を未来に置き、現在へと遡って考えていくことで、望ましいゴールへ向かうためのプロセスを鮮明にすることができ、判断や行動にも優先順位がつけやすくなります。

アウトカム思考には、やるべきことを実際の行動に移したり、障害を乗り越えたりしていくためのモチベーションを喚起する効果があります。

また、アウトカムを組織・チーム内で共有することができれば、「共にゴールを目指そう」という一体感が生まれ、意思決定や問題解決が一層スムーズに行えるようになります。

 

お問い合わせ

株式会社イデアス

〒104-0061

中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル5F

TEL:03-6215-8624

  • お問い合わせ