マネジメントの意味を転換-セルフコンセプト

マネジメントとは何か?

マネジメントのシンプルな定義

リーダーとマネジャー

マネジメントというと、管理職という「組織上の役割」によって、管理職が行う「役割行動=管理すること」であると考える方が多いのではないでしょうか。マネジメントを「管理」と表現するのはもちろん間違いではないのですが、私は「管理はマネジメントの一部である」と表現するほうが、言葉の意味として正しいと考えています。

現在私が行っている研修やセミナーの場では次のような定義を使っています。
「マネジメントとは、組織目標達成に向けて、自分がやるべきことをやり遂げること」
なんて単純な定義だ、と感じられるかもしれません。しかし、マネジメントの意味を端的に表現しようと検討を続けてきた結果、この表現に行き着いたわけです。

マネジメント=管理ではない

Manageを英英辞典で調べると、「Do something difficult. Deal with problems.」と解説してあるのをご存じでしょうか? 直訳すれば、前者は「困難を何とかする」、後者は「困難(問題)に対処する」となります。

確かにManageを単純に「管理」と訳してしまうと、何となく機械的であり、無機質かつ冷たいイメージがつきまといます。Manageにそのような管理的側面があることについて異論はありませんが、その本質的な意味はもっと幅広く、奥行きを持っており、とても人間的なものなのです。

そこから考えていくと、ロジカルシンキング、意思決定、戦略構築、コミュニケーション、リーダーシップなど、マネジメントが包含するあらゆる行動は、全て共通して「組織目標達成」に必要とされるふるまいであり、それら一つひとつはマネジメントの目的ではなく、目標達成のための手段であると考えることができます。そうすれば、マネジメントに関して一本の道が通り、マネジメントの全体像が容易に理解できるのではないでしょうか。

 

お問い合わせ

株式会社イデアス

〒104-0061

中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル5F

TEL:03-6215-8624

  • お問い合わせ