(有)システムマネジメントアンドコントロール社との共同開催、『EQによる自己認識-7』が週末に行われた。



今回は7名の参加者を向かえ、また真剣勝負。



このセミナーは、「自分にとって今の実力」を問われる機会である。
真剣に自分と向き合おうと考えて参加いただいた皆さんを「観る」のであるから、真剣にならざるを得ない。



言葉を間違えれば相手を傷つけたり、迷わせたりする。
言うべきことを伝えなければ、相手を手助けすることはできない。
いまのその状況を感じ取りながら、最適な言葉をつむぎ出す。



このセミナーは7回目を数え、セミナーのシステムが完成しつつある。
私を含め、2人のEQプロファイラーと、
鋭い視点、観察眼、感性の言葉を持つ野村氏の言葉、
そして、終盤のセッションまでには、全ての参加者が、その人を観る。



自分のことは自分ではわからない。
相手から観た自分の姿を、うけいれられるかがその人の今後を決める。



このセミナーは凄い。
次回は9月。
また修行しなくては。



野村さんのブログはこちら